FC2ブログ
栗の渋皮煮を使ったロールケーキ
久しぶりに作った栗の渋皮煮をたくさん入れたロールケーキを作ろうと生地を焼いて、生クリームを立て、マロンクリームも作り、巻き巻きして完成!!!

と思ったら、栗の渋皮煮を入れるのをすっかり忘れていました。

くぅ~~、意味ないやーーーん。
最近、洗剤の件といい、うっかりが重なっています。

悔しいのでもう一度作ります。



スポンサーサイト



[2019/09/30 01:22 ] | お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
長男のロールケーキ作り
先週、長男(23歳)がチョコクリームのロールケーキを作りたいから教えて。というのでお手伝いしました。
ちょうど母が来ていたので写真を撮ってくれていました。
IMG_8890_convert_20190930005348.jpg
何年振りかのロールケーキ作りでした。
私の白衣は息子には小さくなり、一番上のボタンが留められなくなっています。
子供は大きくなると自分の世界が広がって忙しくなり、社会人になってからは会話も少なくなってきましたが、一緒にお菓子を作るときは会話が増えます。
お菓子を作るのが好きで良かったなと感じる時間でした。
[2019/09/30 01:02 ] | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0)
週末
週末、孫が1泊で遊びに来てくれました。
1か月ぶりです。
言葉もさらに増えて、
「あいなね、あしがバーンってなって、イタイタしたんよ。」

おぉ、文が長くなってる!

日曜日は朝から孫を連れて県立博物館に行ってきました。
昨年10月に湯浅町で発掘された恐竜の化石も展示されていて、なかなか大人も楽しめる博物館だなと改めて感じました。
なんと日本では3例目、西日本では初めて発掘された恐竜(種類は忘れました)の化石なんだそうです。

ここに来たのは25年ぶりで、長女が2歳の時でした。
25年経つと、幼かった娘はお母さんになり。
今は当時の娘と同じ年の孫娘が同じ場所で写真に納まっていて。
時の流れを感じる不思議な感覚でした。
娘に話しても、「ふーーーん」って感じで全く興味がないようでした。
こういうのって、年齢を重ねないと共感できないのかもしれません。

一緒に行った父からは
「65年間、17歳の時に彼女とそこの池でボートに乗ってね。そのボートがひっくり返って二人ともびしょ濡れになってな~~~」
な~んて話が飛び出したりして、思わず笑ってしまいました。
同じ場所でも皆それぞれの思い出があるんですね。

楽しい週末でした。
でも孫は台風。
思い切り振り回されてクタクタです。
[2019/09/30 00:31 ] | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0)
栗の渋皮煮
立派な栗を頂いたので、栗の渋皮煮を作りました。
前に作ったのは7,8年前でしょうか。
ひっさしぶりの渋皮煮。
前に作った時は皮むきがすごく大変なイメージがあって、それ以来作る気がなくなってしまっていたのですが、
お料理教室の先輩方のお話を聞いていたらムクムクと作ってみたくなったのです。
栗の量も1キロ弱と少な目だったからかな?
皮むきもそんなに苦にならずに、あれ?もう終わり?って感じで。
お掃除しながらアッという間に炊き上がりました。
昔、何であんなに大変だと思ったのか不思議です。

出来上がった渋皮煮は汁気を切ってジップロックに入れるか真空パックにして冷凍しておけばかなり長い間保存ができるそうです
これで渋皮煮をたっぷり入れた栗のロールケーキを作ろう!!
と思ったのでした(^^)
[2019/09/30 00:16 ] | お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
ハイジア
先日、消臭剤のハイジアが消臭効果抜群だという記事を読んで、詰め替え用をネットでまとめ買いしました。
いざ使おうと段ボール箱を開けてボトルに入れると、なんだか液体がトロッとしています。
なんだか液体洗剤のような。。。。。。。。。。。。。。。。
袋をよく見ると、

「これは洗剤です」

の文字が目に飛び込んできました。

ひーーーーーーーーーーーーっ!!
一袋180回分のお徳用の袋を12個買ってるんですけどーーーーーーー(@@)
1日1回のお洗濯で。。。えーっとえーっと、、、、、、、、6年分!!!???
30秒程落ち込みました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。当分洗濯用の洗剤は買わなくていいから楽だよねーーーって思う事にして気持ちを立て直しました。

洗剤と消臭剤の名前を一緒にするの、ややこしいから止めて欲しいです。。。。
そのあと消臭剤のハイジアもネット購入しました。
こういう間違いをするの、私だけなんでしょうか。
これからハイジアの消臭剤の購入を考えられている方は気を付けてくださいね。
[2019/09/29 23:57 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>