FC2ブログ
Creme renbersee au caramel
クレム・ランヴェルセ・オ・キャラメル
プリン
プリンです。

お正月でのんびりしてるので、どんどんアップします♪
昨日黒豆を炊きながら、プリンも作りました。
去年はコンテストに集中するあまり、子供たちの誕生日ケーキを生まれて初めて作りませんでした。
「コンテストが終わったら作るからね」と引き伸ばすこと半年。
子供たちは「今年中に何か作ってよね!」と非難ごうごう。
そして昨日、重い腰を上げやっと作りました。
ケーキはクリスマスにたらふく食べた後なので、「巨大プリンがいい!」とリクエストが。
で、直径21センチのマンケ型と、直径15センチのシャルロット型に入れた巨大プリンを作りました。
プリンの後ろで愛犬ちょこがプリンを狙ってます。

オーソドックスな「プリッ!」とした舌触りで、懐かしい味がするプリンです。
トロッとしたなめらかなのも好きだけど、私はこちらの方がもっと好き。

お味は、「う~~~~ん、やっぱり美味しいわぁ」でした☆



「作り方」

材料 直径21センチ マンケ型1台分 (100ccプリンカップ約11個分)

牛乳750g
バニラのさや1本分(バニラエッセンス数摘でもOK)
全卵250g
グラニュー糖150g

[カラメル]
グラニュー糖75g
水75g

①まずカラメルを作ります。厚手の鍋にグラニュー糖と水を入れ、中火にかけます。

②煮詰まってくるとカラメル色になってきます。好みの色がついたら大さじ1の水を加えます。
この時蒸気が上がりカラメルが飛び散ってアブナイので、粉ふるいなどで鍋を覆うと良いですよ。
ハネが落ち着いたら軽く混ぜ、すぐに型に流す。

③プリン液(アパレイユ)を作ります。
卵をほぐし、グラニュー糖の半量を加えて泡立て器で軽くまぜます。(泡立てたらダメですよ)
牛乳を別の鍋にいれ、バニラのさやをさいて種をこそげて入れ、さやも入れて弱火か中火でひと肌程度に温め③に加える。

④濾してバニラエッセンスを加える。

⑤浮いている泡はすくい取ります。

⑥プリン液(アパレイユ)をカラメルを入れた型に流し込みます。
この時、表面にアルコールをスプレーすると簡単に泡を消すことができます。

⑦バットにタオルを敷いて型の半分まで60度のお湯を入れ、160度のオーブンで35分焼いて出来上がり♪

余談ですが、生クリームを入れるとまったりとした舌触りになり、牛乳だけだとプリッとした懐かしい舌触りになります。卵は卵黄を多くするとコクのある味わいになります。
アパレイユを漉すときも、網目が細かいものを使うときめ細かく、粗いものを使うとプリプリした仕上がりになります。

ドドーーーーン!ホールプリンです。やはり迫力ありますね。
ホールプリン
子供の頃、一人で大きなプリンを食べるのが夢でした。そんなことありませんでしたか?
スポンサーサイト



[2012/01/01 14:20 ] | お菓子 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>