FC2ブログ
「らくり」8月号に
和歌山 地域みっちゃく生活情報誌「らくり」8月号に記事を掲載して頂きました。
らくり様のブログはこちら

表紙の作品は、昨年のイギリス世界大会に出品したもので、思い入れの深い作品の一つです。
去年の大会前は、徹夜続きでヘロヘロになってたなぁ。。。とか(笑)、ストレスで胸やけがひどかったなぁ。。とか、トップの人形を作るために大量の資料を集めたなぁ。。などなど。表紙を見ながら色々なことを思い出しました。
制作中の大変だったことも、辛いなぁと思ったことも、なぜか作品が完成した瞬間に全て大きな喜びに変わってしまうという不思議。
そしてシュガーアートに出会って6年、恩師中村先生から学んだことやこれまでのコンテスト出場から学んだこと、そして家族への思いをたくさん詰め込んだ作品に仕上げることができたんじゃないかと思っています。

そういう節目の作品を、フォトグラファーの清水さんに素敵な写真に仕上げて頂き、記事にもしていただき、とても嬉しいです。
らくりを読んで下さった方々が、シュガーアートに少しでも興味を持っていただけるといいな。
心のすみっこに、「シュガーアート」という言葉とケーキの映像が、ほんの少しでも残ってくれるだけでも私は嬉しいです。

2年前に教室を始めた頃は、「シュガーアートって何ですか?」とおっしゃる方が殆どだったのですが、最近は「新聞やニュースで見たことがあります!」と言っていただく事も増え、「ウェディング用にシュガーケーキを作って欲しい」と言って下さるお客さまもいらっしゃいます。本当に嬉しい限りです。
和歌山でも「ウェディングケーキにはシュガーケーキを。」がポピュラーになるといいな。

最後になりましたが、「らくり」プランナーの岡本様、清水様、今月号が完成するまでにお世話になった関係者の方々にお礼申し上げます。
この度はこのような機会を頂きとても感謝しています。
本当に色々ありがとうございました。



スポンサーサイト



[2013/07/22 23:18 ] | シュガークラフト | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |